京都の住宅の水道工事の問題はプロに頼むべきか

住まいの水道工事部分は新築から10年たてば、様々な問題が出てくるものです。部品等の耐久年数が約10年であることから、その前後から、台所やお風呂、トイレなどの水回りのつまりや漏れのトラブルが発生します。確かに水の流れが悪いなと思っていたら、ある日突然水が流れなくなるなど、ピンチは突然やってきます。京都の住宅は古いお宅も多いのでなおさらでしょう。

例えばお風呂のつまりの原因は、髪の毛や垢、石鹸、たまにカミソリの刃などを流してつまる場合もあります。台所は油、トイレであれば大量の紙を流したり水に溶けないティッシュペーパーを流してしまったりも原因になります。こういったつまりは、ワイヤーやラバーカップ、真空式パイプクリーナーなどが一般的で、京都市内のホームセンターなどで購入可能です。水道の蛇口のもれや、トイレの便器からの水もれは、部品の老朽化が原因の場合がほとんどです。

こういった部品などもホームセンターなどで購入可能なので、慣れた人なら自分でやってしまったほうが簡単かもしれません。しかし、水道工事の素人がやってしまって、配管をこわしてしまってもっと大きな問題になったということもありがちです。京都市内のプロの水道工事の会社に依頼するのがベストでしょう。トラブルが起きる前に早めに部品交換をしておく、または、定期的にパイプを洗浄して脂分を溶かしておくなどの予防対策も必要でしょう。

お湯を流したり、重曹を使ったりと家庭にあるもので簡単な対策を普段からやっておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です