水道水が赤くなる水のトラブルについての対処法

水のトラブルの一つに水道水が赤くなるといったものがあります。水が赤くなる現象は、水道管がサビている場合があります。最近の新しい建物は、水道管に塩ビ管が使用されていることが多いのですが、古い建物の場合鉄の管が使われていることがほとんどです。この鉄の管が経年劣化することにより、赤サビが発生します。

赤い水が出ていても、しばらく流していると綺麗な水になる時は、自宅敷地内の給水管にサビが発生していることが多いです。そういった場合は、水道会社に連絡して水道管の交換などの修理をする必要があります。ただ、水をずっと流していてもなかなか綺麗な水が出てこない時は、公共の配水管自体にサビが発生している可能性が高いです。その場合は、近くの水道局に連絡することで水質調査や配水管の交換工事をしてもらうことができます。

また、配水管や給水管が原因ではなく、事故や水道工事によって一時的に赤い水が出るといった水のトラブルもあります。そのような場合は、事前に通知が行われるので、あらかじめ水をある程度ためておくことが大切です。水道工事が終わったあと、しばらく水を出しておけば自然に綺麗な水に戻ります。万が一、赤い水を飲んでしまった場合でも少量であれば、人体に影響は少ないので心配はいりませんが、大量に飲んでしまった場合には医師に相談する必要があります。

赤い色だけでなく、まれに黒い色や青い水が出るといった水のトラブルもあります。そういう水は飲むのを避けて水道局に連絡することをおすすめします。点検や調査は無料で行ってもらえるので、知っておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です