水のトラブルは出来るだけ早く解決しましょう

台所をはじめ水回りに使われている部品は、ほとんどのものが大体7年から10年が耐用年数です。設置場所の環境や日頃の使用方法で多少の誤差はありますが、取り付けてから10年ほど経過すると何らかのトラブルが発生してきます。水漏れなどの水のトラブルを放置したままでいると、水道代が増えるだけでなく床などが傷み修理する費用が発生する可能性があります。昔からある2ハンドル水栓などは構造が簡単なため、交換する部品を用意すれば素人でも修理することが可能です。

部品の多くはホームセンターなどで購入することが可能で、サイズが合っていればメーカーによる違いはありません。正しいサイズの部品を購入すれば、水のトラブルを図分で解決することができます。しかし水のトラブルの原因が水道管や排水管自体の亀裂、損傷にある場合は素人が自分で修理するのは危険です。排水管にごみが詰まり、それが原因で水が漏れている場合は内部を掃除すれば解決する場合もあります。

ですが水道管に亀裂があり、水道管全体を取り換える必要がある場合は専門の業者の依頼して下さい。専門の業者に修理を依頼すると、部品代以外に出張費や技術料が発生することになります。応急処置で一時的に水漏れが止まっても、またすぐにトラブルが起こる可能性が高く大掛かりな修理が必要になります。専門の業者に依頼すると修理にかかる費用が増えるように感じますが、知識のない素人が勘で行うより安全であり確実な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です