ひとり暮らしにおすすめのウォーターサーバー

ウォーターサーバーを設置するときに、メーカーによって選べる水が異なります。価格の面で判断すると天然水のほうが高い傾向があり、RO水のほうが安いものが多いです。もともとウォーターサーバーは飲食店用として開発されたものですので、ひとり暮らしには向いていないと考えられていました。しかし、近年では様々なメーカーのウォーターサーバーが販売されていますので、ひとり暮らしや少人数の家庭用のものもあります。

多人数の家族であれば、水のボトルが大容量のもののほうが取り替える手間を省けるメリットがあります。ただし、水にも消費期限がありますので、ひとり暮らしであれば開封してから2週間ほどで使い切ることができる小さいボトルのものを選んでおいたほうが良いです。ボトルの取り替え作業を行うことを考えると、軽いパックタイプのものであれば女性にとっても作業がしやすくなります。ひとり暮らしのときには、部屋のスペースが狭いためにウォーターサーバーを諦める人が多いと考えられます。

その場合には省スペースでスリムタイプのサーバーや、キッチンの隅に置きやすい卓上タイプのサーバーがおすすめです。これらの種類のウォーターサーバーであれば、設置のためのスペースを確保しやすくなるメリットがあります。回収タイプのサーバーを設置するときには、予備のための水のボトルと空のボトルを置くスペースについても考えておく必要があります。一方で、使い捨てができるワンウェイタイプのサーバーであれば、空のボトルを置くためのスペースを気にしなくても良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です