岡山で水道修理をするなら必要な資格!

岡山県には多くの水道修理をする専門業者がありますが、一部の業者では無資格で水道工事をしている業者もあります。水道修理をする場合に無資格の業者が行ってもバレることはありませんが、万が一不具合などでトラブルが発生した場合には無資格で工事をしたことがバレるでしょう。水道水は直接人の体に入るために水道水の調査をする必要がありますが、無資格の作業員には調査は出来ずに調査をする場合には必ず、有資格者が行う必要があります。水道水の調査をするためには水道技術管理者の資格が必要となりますが、水道技術管理者の資格を取得する場合には、講習会へ参加後に学科試験に合格する必要があります。

講習会は全国で実地されているのではなく、大阪府・東京都・福岡県の3ヶ所のみとなっているので、他府県の人の場合には現地に宿泊して講習会への参加や学科試験を行う必要があるでしょう。期間は1日で終了するのではなく、学科講習が15日間で実務研修が15日間あるので、合計で30日間で資格を取得することが可能です。しかし、30日間で取得出来るのはスムーズに合格できた場合ですが、学科講習の場合には1つの講習後に学科試験を行いますが、合格しないと他の学科講習に進むことが出来ません。講習費用は学科講習で128、000円と実務講習が132、000円が必要となるため、合計で260、000円が必要です。

非常に高額な費用ですが、一度取得すると一生仕事に役立つでしょう。岡山県民が資格を取得するためには福岡県の会場へ出向く必要がありますが、一度取得すると岡山県で水道修理する専門業者へ就職しやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です