水道技術管理者の資格を取得して岡山で水道修理!

岡山県で水道修理をするためには必ず必要となる資格が水道技術管理者の資格ですが、水道技術管理者の資格があると就職に非常に有利になるでしょう。しかし、水道技術管理者の資格は約1か月程度必要となるために、プライベートで取得するためには、会社を休んだりとメリットよりもデメリットが大きいために、多くの人が取得できずに終わっています。ですが、ほとんどの人は会社から費用を出してもらって水道技術管理者の資格を取得しますが、会社が費用を負担して資格を取得した場合には、数年間会社を退社することが出来ません。水道技術管理者の資格を取得するためには必ず講習会へ参加して学科試験にも合格する必要性がありますが、岡山県では取得する場所がないため、福岡県まで出向く必要があります。

その場合には1日程度で取得できる資格なら往復の交通費のみで良いのですが、1ヶ月程度必要となるために宿泊費も必要です。水道技術管理者の資格は一度取得すると更新がないために一生水道修理をする専門業者で働くことが可能です。岡山県には無資格者でも採用している業者が沢山ありますが、水道技術管理者の資格を持っていると大手水道修理業者で働くことが可能でしょう。仕事内容も他の作業員では行うことが出来ない、水の調査がメインとなっているために工具を使っての直接の修理作業をすることはありません。

給料も一般の作業員よりも少しだけ高額になる傾向がありますが、大企業へ就職しないと有資格者でも一般作業員と同じ給料になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です