水道修理をするための資格は岡山では取得できない!

水道修理をするために欠かすことが出来ない人材が水道技術管理者の資格を持っている有資格者ですが、仕事内容は水道修理をする際に一番重要になる仕事を任されています。ですが、岡山県には資格を取ることが出来る場所がないために、岡山県民が資格を習得しようとすると福岡県まで受験や講習に行く必要がありますが、年間2万人の岡山県民が福岡県まで資格を取得するために出向いています。水道修理をして完全に修理が完成しても細かい検査をしないと使用できる状況にはならないでしょう。本当に人体に悪影響がないかを検査する作業員が水道技術管理者の有資格者のため、最終確認をしているのです。

検査をする場合には機械を使用して検査をしていますが、素人では使いこなすことが出来ないだけではなくて、有資格者が機械を使って調査をしなければいけません。岡山県民が福岡県で資格を取得した後は地元へ戻って水道修理の専門業者へ就職するケースがほとんどですが、一部の人が試験に合格してそのまま福岡県の水道修理の業者へ就職する人も稀にいます。その場合には最初から借家を借りて講習に参加しているために、終了後は毎回自宅へ帰宅してゆっくりと休むことが出来るでしょう。給料をアップさせるために資格を取得する人がほとんどなので、多くの人が企業側から資格取得のために支援を受けて受講しているのです。

ですが、何度も不合格になると試験を受けることを会社側から禁止される場合もあるので、一発で合格することが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です